施術後のアフターケア

カウンセリング

最適な方法を提案します

小さいいぼの場合はシミと見分けるのが難しい時もありますが、皮膚が少し盛り上がっていたり、茶色や黒っぽい形状をしています。放置をしても自然に治ることはないため、顔や首、胸、わきの下などに出来るとコンプレックスを感じている人が多いです。加齢や衣類との摩擦が原因の老人性いぼやウィルスが原因のこともあります。専門クリニックを受診すると視診や検査などで診断が付きます。いぼ治療の施術内容を知っておきたい人が増えていますが、液体窒素による除去やレーザー治療、高周波の電気メスを使った手術などがあります。なるべく費用を抑えたい場合は、液体窒素の除去は保険適用が受けられます。複数のいぼがある場合は、一回の施術だけでは無理なので、一週間に1回程度は通院が必要です。なるべく仕上がりの美しさを重視したい場合は、レーザー治療がお勧めです。レーザー治療は保険が効かないことが多いですが、痛みが少なく傷跡が目立ちにくいなどのメリットがあります。いぼが目立つ部分にレーザーを照射することで、焼き切ることができます。いぼ治療はレーザー治療、液体窒素による除去、高周波電気メスによる手術などがありますが、入院の必要はなく日帰りで治療が可能です。施術を受けた直後は傷テープなどを使って患部を保護する必要があります。洗顔やシャワーなどは可能ですが、なるべく患部を濡らさないことが大事です。美容外科のクリニックでは、外用薬や内服薬を処方してくれるので、自宅でお手入れが必要です。高周波電気メスは一回の施術で治療が完了しますし、大きめのいぼも切除できるのが特徴です。施術を受けた直後は定期的に通院をすると、医療スタッフが患部のお手入れをしてくれます。3週間から、4週間ぐらいを経過すると、傷跡も目立たなくなるので安心できます。液体窒素による除去は、一回の施術だけでは治療が完了しないことが多いため、定期的な通院が必要です。信頼できる美容外科のクリニックを選ぶと、施術後のアフターケアも丁寧なので、安心して通院ができます。皮膚の形状によっても最適な方法が違ってくるので、納得が行くまでカウンセリングを受けて下さい。

Copyright© 2018 様々ないぼに適切な治療を探そう【個人にあった治療を選択】 All Rights Reserved.